日々のできごとと写真

2009年04月のアーカイブ

サニーデイ・サービスと8年4ヶ月ぶりの再会

2009-04-05 02:48 | ライブ, 日記, 音楽 | 3 コメント »

ついにこの日が来ました。
僕が愛して止まない、サニーデイ・サービスの復活ライブ@東京
柄じゃないけど、愛して止まないって、本当。

上野公園の桜

96年、大学2年の時に「恋におちたら」って曲がすごくいい!って2ndアルバムの「東京」を勧められて、近所のTSUTAYAに借りに行ったんだけど、裏ジャケットの3人組みがなかなか冴えなくて、大丈夫か?と思ったこととか

初めてライブに行った97年7月日比谷野音の日のこととか

好き過ぎて作ったホームページが放置されてるけど今もあって、エンジニアとしての原点が確実にそこにあることとか

初めて一人暮らしをした年の夏、1回150円のコインランドリーで毎週24時を聴いてたこととか

強行スケジュールで京都のライブに行ったけど、お金も泊まるところもなくて一晩中鴨川沿いを歩いてたこととか

解散ライブの後にすごい酒を飲んで歩けなくなって、友達におぶって連れて帰ってもらったこととか

全部鮮明に覚えてる。
楽しいのと切ないの、全部の感情が固まって置いてある感じ。
この青臭い塊が僕にとってのサニーデイ・サービスです。

お花見客でごった返す上野恩賜公園野外ステージで、ウォッチング・ザ・スカイ 2009。
歌と花見の野外音楽フェスティバルらしく、満開の桜の中、
ジェシー・ハリス、キセル、おおはた雄一、Port of Notes、サニーデイ・サービス
と、豪華なメンバーでのライブでした。

サニーデイは3番目で、スタートは14時55分。
大歓声の中、サポートメンバーなしの3人だけのライブが始まりました。
みんな待ってたんだなぁ。

1曲目「花咲くころ(1996年)」
ここで逢いましょう
シングル盤のB面でありながら、ライブではよく演奏されていた、まさにこの季節の曲。

2曲目「恋はいつも(1999年)」
MUGEN
メロウな曲なのに、イントロが口笛から入るのでわかりやすく、歓声が沸き起こりました。

3曲目「恋におちたら(1995年)」
恋におちたら
「東京で、晴れたらやろうと思っていた曲です。」とベースの田中さんに向ってさっと手を出すと、名曲のベースが!
ぞわっとした。

4曲目「星をみたかい?(1997年)」
サニーデイ・サービス
「夜の曲ですけど」という紹介で。

5曲目「若者たち(1995年)」
若者たち
1stアルバムの曲。いろんなアレンジで演奏され続けている名曲。「若さをもてあそび、ずっと泣いていた」

6曲目「恋人たちは(新曲)」
7曲目「Somewhere in My Heart(新曲)」
8曲目「そしてぼくはうたをうたう(新曲)」
9曲目「ふたつのハート(新曲)」

新曲です。4曲も!
中には曽我部恵一バンドで演奏している曲もあるようですが、
サニーデイ・アレンジを是非CDで聴きたい。

10曲目「コーヒーと恋愛(1995年)」
東京
カズー担当の晴茂くんがカズーの吹き方を忘れて音がでないというアクシデントもありながら、この曲の持つアットホームな感じが見れて、あーサニーデイ・サービスだって思いました。

ライブ中、確か2回、自分たちのことを曽我部さんが「サニーデイ・サービスです。」って言ったんです。
それが、たまらなかった。
しかもサニーデイの演奏中だけ、花曇りだった空が青空になったりして、ついてる感じ。

3人だけのライブは97年以来のようで、21世紀だしね、とも。
お互いの近況をブログで確認しているって話になって、田中さんのラーメン食べすぎの件が話題になっていました。

ドラムの晴茂くんとベースの田中さんは年を重ねた昔の丸山晴茂と田中貴、
曽我部さんだけ結婚・子育て、レコード会社設立、ソロ活動、曽我部恵一BANDなどを経た年を重ねた今の曽我部恵一で、歌い方とか佇まいとか昔のサニーデイとは違っていて、1曲目の「花咲くころ」ですぐに「これは昔のサニーデイじゃない」って思ったけど、曲を聴いているうちにそんなことはどうでもよくなりました。
20代だった3人が37・38歳、24歳だった僕が32歳ですから、桜の咲く季節に、東京で、あの時代を共有しながら観られることが奇跡的過ぎだからです。

やっぱりサニーデイ・サービスが大好きでした。

関連リンク
2009-04-04 – 曽我部恵一 LIVE BLOG
最速ライブレポート – サニーデイ・サービス @ 上野 水上音楽堂

追記
ジャケット写真、関連リンク、田中さんのラーメン食べすぎの件(2009-04-05 22:19)

グッドラックヘイワ

2009-04-05 00:48 | ライブ, 写真, 日記 | コメントをする »

金曜の夜、ライブに行ってきました。
平日夜にライブ行くとか、何年ぶりかなぁ。一年ぶりか。

ギャラクティック7周年祭@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

渋谷duoってどこだろ・・・って思ったら、ON AIR EASTだった。O EAST→duo?
おじさんには通じないから、(元ON AIR EAST)って入れてほしい。
c.c.レモンホールとか言われても通じないし、っていうか認めてないし。

開演19時にはさすがに間に合わず、20分遅れで入ったら目当てのグッドラックヘイワが始まってて、昔だったら焦ったり損した気持ちになったのに、平日にビール飲みながらライブ観られる楽しさ、温まっている会場に入ったときの気持ちよさの方が勝って、大人になったもんだなぁーって、思った。

そんな感じになったのも、この日のグッドラックヘイワの演奏がすごく良かったからで、
グッドラックはキーボード(とシンセ)とドラム(と口笛)の2人だけでという、変則なインストバンドで、
大人数のビックバンドと比べると華やかさとか音の厚みとか、激しいノリとかはない分、
2人にとってはプレイヤーは相方しかいないから、お互いの音に集中して演奏していて、bonobosの蔡君が言ってたけど、ちょっと感動すら覚えるプレイでした。

2人の音がシンプルに混ざって、まっすぐ届く感じっていうのか、いいライブ観たー。

興味のあるかたはiTunesで → Patchwork / グッドラックヘイワ

そのあとのbonobosもリードギターが抜けてから初めてのライブでしたけども、あいからわず熱くて楽しいライブでした。
サポートでギターを弾いていたのがHicksvilleの木暮さんだった。
Hicksville以外でしか見ない、Hicksvilleの木暮さん。

ライブ後は夜の桜を見ながら、緑道を渋谷から下北沢まで歩いて帰りました。

夜桜

にゃー